dispose-of-bed

ベッドの処分の仕方:手間とお金をかけない3つの方法

      2017/03/07

Pocket

使わなくなったベッドを処分しようと思ってはいるものの、業者に頼んだほうが良いのか、自治体に頼んだほうが良いのか分からないとお悩みではないですか?もしくは、ベッドを処分するにはどれくらいの手間とお金がかかるのか見当もつかない。。と思ってはいませんでしょうか?実は、ベッドの処分はいくつかのパターンがあります。今回は、3種類のベッドの処分方法をお伝えします。自分に合ったベッドの処分方法の参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ベッド処分は買い替えと同時がオススメ!

dispose-of-bed

ベッドの処分を検討しているのであれば、買い替えを検討しているのではないでしょうか?もし、買い替えを検討しているのであれば新しいベッドの搬入と同時に古いベッドも一緒に処分してもらうのが最も手間を掛けずに処分出来る方法です。

古いベットの処分と新しいベッドの搬入・組み立てを行うと作業量が2倍になってしまいます。同時に済ますことが出来れば手間は半分になりますよね?

ベッドの買い替えを検討している方は引き取りサービスがあるお店でベッドを購入することをオススメします。

ビーナスベッドでは古いベッドの引取サービスがあります。また、日本最大級のベッド専門店なのできっとお気に入りのベッドが見つかるハズです。

引取サービスはベッドフレーム、マットレス、脚付きマットレスと幅広く引き取ってくれます。また面倒なベッドの解体もしてくれるので楽チンですよ!

ベッドの処分方法は3種類ある

ベッドの処分の方法は大きく分けて下記の3種類があります。

  1. 自治体に粗大ゴミとして引き取ってもらう
  2. 粗大ゴミ回収業者に依頼をして引き取ってもらう
  3. リサイクルショップに依頼をして引き取ってもらう

最も一般的なのが1番だと思います。この記事を読んでいるあなたも、まず先に頭に浮かんだ処分方法なのではないでしょうか?それでは、ここからは3つの処分方法の詳しい説明と、メリットとデメリットをご紹介していきます。参考にして頂いて、自分にとって最も良いベッドの処分方法を選んでくださいね!

1.自治体に粗大ゴミとしてベッドを引き取ってもらう

どこの自治体でも、ベッドはほぼ粗大ゴミとして引き取ってくれます。ただし、粗大ゴミとして引き取ってもらうためには、いくつかの条件があります。
※対応していただける内容などは自治体によって変わります。あくまで一つの例として参考にしてください。

例として、東京の新宿区を挙げます。

新宿区でベッドを処分しようと思ったらまずしなければいけないことは下記の2つ

  1. 事前に自治体に連絡をする
  2. 粗大ゴミシールを購入する

手順は自治体によって異なりますが、大きくは変わらない場合がほとんどです。粗大ゴミは有料制のため、事前に自治体に通知を行った上で、ベッドのサイズやベッドのアイテムに合った金額のシールを購入しなくてはいけません。

金額も、ベッドの大きさによって異なります。下記のサイトを見て頂ければ分かりますが、シングルベッドは1,000円ですが、二段ベッドは2,000円となっています。必ず、事前に自分が処分しようと思っているベッドはどの程度の金額がかかるのかを調べておきましょう。

新宿区サイト:新宿区:粗大ごみの料金表

THE BED ROOM

粗大ゴミは原則自分で出さなくてはいけない!

新宿区の例を出すと、下記のような方は自治体の作業員の方にお手伝いいただけます。

  • 運び出しが困難な65歳以上のひとり暮らしの方
  • 身体に障害のある方

しかし、上記の2つの項目に当てはまらない方は、原則自分で1階のゴミ捨て場までベッドを運んでいかなくてはいけません。大きすぎてドアから出せない場合は、処分をする前の日までには解体作業をしておく必要があるかもしれませんね。

新宿サイト:新宿区:粗大ごみの出し方

ベッドの処分を自治体にお願いするメリット

  • 自治体に依頼ができるので、金額的に安心感がある
  • 体が不自由な方は手伝ってもらえる場合がある
  • 事前に自治体に電話で相談ができる

ベッドの処分を自治体にお願いするデメリット

  • 事前に申し込みをする必要がある
  • 粗大ゴミ用のシールを買いに行く手間がある
  • 申し込みをしても、1~2週間は待たされる場合がある
  • 基本的には、自分でベッドをゴミ捨て場まで運ばなくてはいけない
  • 金額などを自分で調べるのが手間がかかる
  • 場合によっては、解体作業をしなくてはいけない

自治体にベッドの処分を依頼するときは、上記のようなメリットとデメリットがあるということを理解しておいてくださいね!何度も言いますが、対応や金額は自治体によって異なりますので、まずは、あなたの住んでいる自治体のサイトを見たり、相談をしてみましょう!

それでは、次に廃品業者に依頼した場合をご紹介します。

粗大ゴミ回収業者ってどんなところ?

粗大ゴミ回収業者とは、一般家庭からオフィス用品まで、不要になった粗大ゴミを回収して、処分をしてくれる業者のことです。簡単に言えば、ベッドを代行で捨ててくれる業者のことですね。粗大ゴミ回収業者に依頼をするときは下記のような流れになっています。

粗大ゴミ回収業者に依頼をする場合の基本的な手順

  1. 粗大ゴミ回収業者に連絡をする
  2. 家に来てもらって、見積もりを出してもらう
  3. 依頼をする
  4. 希望の日時を伝える

基本的には上記のような流れで進めていきます。依頼をしたあとは、ベッドの引取りをしてもらう希望の日時を伝えれば、指定した日時に業者の方が来てくれて、ベッドを持って行ってくれます。自分でベッドを持っていく手間が無いので、とても便利なサービスです!

粗大ゴミ回収業者にベッドの処分を依頼するメリット

  • 電話をするとすぐに来てくれて対応してくれる
  • ベッドの持ち運びは全て業者の方が行ってくれる
  • 回収してもらう日時も都合の良い時間を指定できる

粗大ゴミ回収業者にベッドの処分を依頼するデメリット

  • 相場の金額がわからない
  • 自治体に依頼をした方が安く済む場合がある
  • 業者によって金額が変わるので選ぶ基準が分からない

粗大ゴミ回収業者に依頼するメリットは「手間が省ける」ということと、デメリットは「お金」というのが、多くの人が感じるポイントだと思います。希望の日時に来てもらえることや、重たいベッドを運ばなくて良いということは非常に大きなメリットであると思いますが、逆に、業界がニッチなため、金額の相場観が分からないのも事実です。数千円でやってくれるところもあれば、1万円以上の金額を必要とする業者もあるので、選ぶ基準が分からないというのがデメリットとして挙げられるでしょう。粗大ゴミ回収業者に依頼をするときは、上記の点を頭に入れておいてくださいね!

リサイクルショップにベッドの回収を依頼する

リサイクルショップは、基本的に家にあるものであれば、引き取ってくれる可能性があります。ベッドは基本的に有料で捨てる粗大ゴミですので、買取金額はさほど期待できませんが、格安で処分をしてもらえる可能性があるので、一度リサイクルショップに見てもらうのは良いかもしれませんね!

リサイクルショップに依頼をする手順

  1. リサイクルショップに連絡をする
  2. 家に来てもらって査定をしてもらう
  3. 依頼をする

上記のような流れで依頼をしていくのが一般的な方法です。まずは、出張の査定を無料で行ってくれるリサイクルショップを探して、相談をしてみましょう!出張買取を行っているリサイクルショップであれば、粗大ゴミ回収業者と一緒で、ベッドの引き取りは業者の方がやってくれる場合がほとんどです。

リサイクルショップにベッドの処分を依頼するメリット

  • 自分の都合の良い日時に回収に来てくれる
  • 格安・無料で回収してくれる可能性がある
  • モノによっては、お金を貰える場合もある
  • ベッドの持ち出し・引き取りは業者の方がやってくれる

リサイクルショップにベッドの処分を依頼するデメリット

  • 提示された金額が妥当か分からない
  • 業者によってはしつこく営業される可能性がある

リサイクルショップのメリットは、「手間を省ける」ということと、「お金」という点だと思います。無料に近い金額で回収してもらえる可能性もありますし、モノによってはお小遣い程度のお金を頂ける場合もあります。ただし、その金額が妥当かどうかが分からないというのが、デメリットして挙げられるポイントですね。

手間とお金をかけないベッドの処分の3つの秘訣

ここでは、上記でご説明した3つの処分方法でオススメのベッドの処分方法の手順をご紹介します。必ずしも正しいというワケではありませんので、参考程度に見てみてくださいね。

1.まずは、自治体のサイトを見て、いくらかかるか確認しよう!

処分しようと思っているベッドが、自治体に回収をお願いした場合にどの程度の金額がかかるのかは、まず最初に頭に入れておかなくてはいけないポイントです。ベッドを処分する必要が出てきたら、必ず自分が住んでいる自治体のサイトをチェックしましょう。

2.リサイクルショップに相談すべし!

自分の住んでいる自治体のベッドの処分にかかる費用を確認したら、次はリサイクルショップの無料査定で相談してましょう。ベッドの持ち運びをしてくれるのであれば、自治体で確認した金額と同じ金額であれば依頼をした方が良いでしょう。自治体の回収金額と同じ金額を払っても、解体や持ち運びの手間が省くことができ上に、自分の希望とする日時に合わせてくれる業者が多いので、メリットが大きいと言えます。ただし、自治体の金額を大きく超えてくる場合は考え直したほうが良いかもしれませんね。

3.お金は関係なく、すぐに捨てたい方は粗大ごみ回収業者を!

とにかく、解体の手間や、持ち運びの手間が嫌だ!という方には、粗大ごみ回収業者に依頼をするのが良いでしょう。自治体に比べると、金額は高めになってしまうかもしれませんが、粗大ごみ回収のプロですので、あなたが行う手間は最小限まで抑えてくれることができます。しかも、スピードも早いので、今週中に捨てたい!というように、緊急性の高い方にはうってつけのサービスと言えますよ!

まとめ

いかがでしたでしょうか?ベッドの処分方法はいくつかの方法があるということを理解して頂けたかと思います。「お金」や「手間」や「スピード」など、あなたにとって、最も優先したいものを考えた上で、処分方法を検討してみてくださいね!今回の記事が、ベッドの処分の参考にして頂けますと幸いです。

 - ベッド 処分

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ベッドの処分にお困りの方へ

あなたと一緒に理想のお部屋を考えて作る
LAXIYOのプチリフォームサービスのご紹介です。

  • 時間がない、、、
  • 処理業者を探すのも面倒、、、
  • とりあえず金額だけ知りたい、、、

このようなお悩みありませんか?
私たちLAXIYOがあなたのお悩みを解決します。

LAXIYOのプチリフォームサービスを“ちょっとだけ”見る

著者プロフィール

この記事にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

b50915880dc60d1feff63605930de36a_m
ダブルベッドのサイズ|正しくサイズを把握する為の5の知識

ダブルベッドのサイズって良くわからないと思っていませんか?もしくは、引越しを機にダブルベッドを選ぼうと思っているけど、ダ …